#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

21/08/28 1930年代初めフランスの家庭のための?手工芸専門誌と1939年ニューヨーク万博の日本館


■先ずはお知らせです。9月4日(土)は2度目のワクチン接種のため臨時休業させていただきます来週の営業日は8月31日(火)と9月2日(木)のそれぞれ12時より19時まで。ご来店の場合は事前にアポイントを入れていただけますようお願いいたします。

考えてみると洋雑誌の入荷は久しぶりかも知れません。フランスの家庭向けデザイン専門誌『L'ARTISAN PRATIQUE,APPREND A TOUS. L'ART DE DECORER SON FOYER』1931~1933年発行分のうち19冊が入荷しました。
先ずはタイトルを訳さねば。と云うことでGoogle翻訳で訳すと「実用的な職人がみんなに教えます。あなたの家を飾る芸術」、みらい翻訳によれば「すべてを知る実践派故郷を飾る術」、最近頼りにしいるDeepL訳によると「職人は練習してみんなに教える。家を彩るアート」と似ているような似ていないような、何とも落ち着きの悪い結果となりました。
フランス語に直接あたったところで自分の語学能力・センスなんぞAIのデープラーニングに敵うわけもないのでフランス語に直接あたることなしに、あくまでこの3パターンの翻訳をベースに類推するに『プロが教える実践練習-家庭装飾術』といったところではないかと思います。思いますがこれ、あくまでも、小店店主の「超意訳」にすぎませんので、ご興味をお持ちの方はそれぞれ正攻法で翻訳されることをお勧めいたします。
さて、雑誌の内容はと云いますと、これまた他力本願でフランスの古書店さんの解説によれば「デコラティブアートとファッショナブルなインテリアを実現するための実用的な方法を専門とする雑誌であり、こうした情報の宝庫」だとありますので、これまたちょっと分かりにくいのですが「家庭用の手工芸雑誌」的なことを云っているのだろうと思います。。
単なる手芸系の雑誌であれば入札を見送っているところですが、仕入れる動機となったのは、工芸系に厚く、かつ、半ばプロ向けではないかと思われる対象の広さや難しさ、そして何よりアール・デコ様式が徹底されているデザインの傾向を見てのことでした。
各号センターにはカラーの見開きページが綴じ込まれていて、しかもそれと同じ原寸大の型紙つき。なるほど型紙がついているなら何とかなるか? と思うと、ことはそう簡単ではなく、画像中、月を描いた「LUNA」は一体何のためのデザインかというと「長方形のコーヒーテーブル」で手法は「タンポによる彩色と研磨、焼き絵、ステンドグラスなど」と云いますから、いくら細部まで写した型紙つきとはいえ、誰でもできるというものでもなさそうです。
装飾する対象は、壁掛けをつくるなどは平易な方で、お皿、植木鉢、鏡、アクセサリー、挙句に時計まで、手をくわえてしまうとぶち壊し的なものまで載っていて驚きます。
欧米では自分の手で自宅改装まで手掛ける人が多いとはいえ、果たして本当に家庭用なのか? 家庭用というのがそもそも誤訳なのか? …… ご判断は現物をご覧の上でどうぞ! 

■あと一週間ほどでパラリンピックが終わります。オリパラでかかった経費は総額3兆円を超えるのは確実のようです。次の大阪万博では一体どれだけのお金が注ぎ込まれるのか、いずれにしても代理店マターであることだけは間違いなさそうです。お祭り騒ぎに乗じて市民が気が付かないうちに市民から吸い上げた資金を限られた企業や関係者でわけあうことを「祝賀資本主義」と云うそうですが、その出発点はどのあたりにあるのかと考える上で重要なできごとのひとつが、1939年にアメリカで開催された「ニューヨーク万国博覧会」だとされます。
新着品2点目は1939年のニューヨーク万国博覧会の絵葉書で、日本館をとらえた6枚とその他会場のパヴィリオンやモニュメントを写した11枚の合計17枚
日本館の6枚は「日本館(外観)」「日本庭園」「グランド・ホール」「ナショナル・ホール」「シルク・ルーム」「交流室」で宛名面にはそれぞれ英文の解説が添えられています。写真撮影は全て「Henrry s. Yamada」とあり、日系二世を思わせますが、残念ながら詳細不明。気になります。
さて、ニューヨーク博覧会と、例えば僅かに2年前の1937年のパリ万博とではどんな違いがあるのでしょうか。
1937年のパリ万博は「近代生活における芸術と技術」をテーマに、国威掲揚を目的とする国別のパヴィリオン中心に構成されていました。対立するドイツとソビエト連邦のパヴィリオンが向かい合って建てられ、内戦を抱えていたスペイン館にはピカソの「ゲルニカ」が出品されるなど、第二次世界大戦戦争前夜の不穏な空気を色濃くうつしていたと云います。
対する1939年のニューヨーク万博では、企業パヴィリオンや未来都市のイメージが博覧会の主導権を握り“第2次大戦への予見が希薄で、支配的であったのは、「明日の世界」というテーマに対応した、大恐慌のどん底から脱したあとの楽天的な雰囲気であった”(「現代美術用語辞典 1.0」ニューヨーク世界博覧会(1939)執筆者:暮沢剛巳 より)と云います。
国家の威信をかけた博覧会から資本主義が主導する博覧会へ。こうした状況のなか神道形式とも説明される日本館は、博覧会における世界の変化とはひとり無縁に、依然として国威発揚に腐心し、1937年パリ万博の日本館 - 坂倉準三によるモダンなパヴィリオンは建築部門のグランプリを獲得しました-と比べても、明らかに後退していると云えるでしょう。
資本主義・拝金主義のIOCに、復興と云い、おもてなしと云い、コロナに打ち勝つと云い続けながら手もなく転がされた我が国ニッポンに、1939年ニューヨーク万博の日本館が重なってみえてきませんか?

今週の斜め読みから。
上野先生だからって読み飛ばさないで下さいね。多くの人が書けないことをちゃんと書いてくれてます。
https://dot.asahi.com/wa/2021082500010.html

明るい光が見えていると云いながら無策なあの人はこういう記事を読んでいるのだろうか。そういえばPCR検査の技術でフランスから感謝されたのは日本の会社だったし。所与の資源を使おうとしない謎はここにも…

たまには希望に満ちたお話しで〆たいと思います。8月25日にも投稿あり。もろん続きも超おすすめです。
https://mobile.twitter.com/YASUHISA_KOKI/status/1399953796357185538
 

 

21/08/21 茶室起こし絵図と唐子遊の図


■小店、いわゆる「茶室起こし絵図」というのを扱うのはこれでかれこれ4度目です。最も近いところでは2020年10月と、いまからわずか10ヵ月前のことでありまして、今年初めに売れたばかり。と、こう云ってしまうと「なーんだ茶室起こし絵なんて結構でてくるじゃん。」と思われる方も出てきそうですが、頻繁に入荷しているように見える理由は、少なくとも市場に出品され自分で目にした分は、確実に落札するゾという気持ちで入札し、幸いにもこれまでのところ都合4回、100%落札してきたから、というところにあるのであって、商品の希少性とは少し異なる理由での4度目の入荷と相成りました。
商品の正しいタイトルは「茶室起こし絵図」ではなく『数寄屋おこし絵図』。函に貼り付けてある奥付には昭和6(1931)年、発行人・鈴木行三、三昧社発行となっています。
布装函入りで全58点全揃い。「すき屋之沿革」と題された冊子付です。
肝心の紙模型の部分も確認しましたが、組み上げるのにないと困る爪など部品の欠けや傷みなどはありません。と云うか、ほとんど組み上げてみた形跡がないので傷みようもないといったところ。
画像にとったのは「利休 一畳半」と「小板 竹釘類」の2点です。利休から始まり道安、宗旦、不白、織部などなど、高名な茶室の他に、釣刀掛、竹垣、寸戸など、しつらえのひとつに焦点をあてた紙模型が入っているのも面白いところです。
茶室起こし絵図を始めて落札したのはかれこれ10年以上前のことになりますが、今回の落札価格は初めて落札した際の価格のおよそ6倍、販売価格は最初のそれの約3倍となります。仕入れ価格は落札のたびに高くなり、利益は入荷のたびに順調に減少(!)してまいりました。
この状況がどこまで続くのか、次回、市場に出てきてみないと分かりませんが、デジタル化の状況がいま程度のうちは “リアルな物体だからこそ意味をもつ”茶室起こし絵のような性格の商品については、今後も暫くこの傾向は続くのではないかと見ています。
しかし! 3Dプリンターの一般ユーザー向けの普及がいわれる昨今。
次のライバルはつい目と鼻の先にまですでに迫っているようで…。 


■「こわかわいい」と云う言葉を聞く度に小店店主のアタマに浮かぶのば砂目石版で刷られた子どもを描いたプレートです。その多くが明治20年代に刷られたもので、「砂目石版」で画像検索して出て来るプレートを見ると、「本当にこれを飾ったのだろうか?」というような図版がたくさん出てくるのですが、これがまあ人気を博したらしく、市場ではいまでも刷り物の一角に必ず数点は出品されています。ですが、今回入荷した唐子と象という組み合わせは珍しい(はず)。
どちらのモチーフも、海外輸出向けのマッチラベルではよく見るものですが、砂目石版のプレートにあわせ技で出てくるとはと、ちょっと驚きました。
砂目石版のお約束通り、子どもも象も可愛くないところも魅力です。そうなのか? そうなのでは? それはさておき。
先前より砂目石版と知ったようなことを書いておりますが、これを説明すると「石版石を磨いたものに、金剛砂をふりかけ、それを鉄板で擦って一面にきずをつけたもの、即ち砂目を立てた石版石面にクライオンといふ脂肪性の鉛筆芯の太い様なもので描写するのです」と昭和5(1930)年発行の『広告印刷物の知識』にあります。
分かりますか。分かりませんよね。要は石版=リトグラフだということで。リトグラフと聞いて一般的に思い浮かべるのは、「磨き石版」と云われる手法で擦られた刷面がなめらかなものではないかと思いますが、明治の一時期、砂目石版という手法で擦られた、荒い粒子の目立つ印刷物があったということを抑えておけばよいのではないかと思います。ちなみに、明治中期に急速に普及した砂目石版ですが、その後、「写真応用版」に食われて衰退していったということが前掲書に書かれています。
プレートの話に戻るとこちらの1枚、「唐子遊」と題され明治26(1893)年、日本橋通・深瀬亀次郎により出版されました。深瀬亀次郎は亀治郎とも云い、丸亀或いは亀屋を屋号とした地本問屋だったとwikiが教えてくれました。

■沖縄の病院で発生したクラスター、救いの手が届かなかった新生児、パラリンピックに動員されようとしている小学生、約9万7千人に上るという自宅療養者、メダルを胸にテレビで笑顔をふりまくばかりのアスリート …… 今週は斜め読みするまでもなく、この国はもう狂ってるとしか思えなくなりました。
 

 

21/08/14 日本の意匠を木版刷で - 昭和の掛紙と明治の扇面図


残暑お見舞い申し上げます
西日本を中心にこの週末は災害級の大雨警報が出ています。いまこの時も不安な夜を過ごされている方もいらっしゃるかと思います。コロナも全国に感染拡大中とあって、気の休まらない日々が続きますが、みなさまどうかくれぐれもご用心下さい。
先ずはお知らせです。明日8月14日(土)、1回目のワクチン接種をうけます。1回目の接種では副反応は出にくいようですが、念のため、大事をとって店は休業させていただきます。来週は火・木・土曜日のそれぞれ12時から19時まで営業いたします

今週、営業を再開いたしました。久しぶりにお顔をお見せ下さったりお電話を下さったり。お陰様で忘れ去られることもなく(何年経ってもこうした心配からはなかなか解放されません)、店での日々を取り戻すことができました。
ですがしかし、足元では留まるところを知らないコロナの感染拡大と、すでに起きていると云われる医療崩壊 ……。
オリンピック期間中の休業は小店の最寄り駅・表参道の利用を避けるための措置でした。何しろ表参道駅ときたら、銀座線、常磐線と小田急線と相互乗り入れしている千代田線、東急田園都市線・東武鉄道各線と乗り入れしている半蔵門線と長距離乗り入れの地下鉄3路線が乗り換えし易く配置されており超便利。各種競技会場へのアクセスの点でも絶対便利(…だったはず)ですので。用心の意味で。
がしかし。こんなことになると分かっていたなら、むしろこれから休むべきだったのではないかと少々頭を抱えております。
ただ、そうした状況を踏まえて、大変有難いことにお客さまみなさま、アポイントをとって下さったり、ご来店直前に確認のお電話を下さったり。お陰様で店内でお客さまが重なるような事態も回避することができております。もともと換気の点では恵まれてもおります。
今後の対応については、感染状況等をみながら随時判断していきますが、当面の間はアポイント制での営業を継続させていただきます
ご面倒をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

■今週は久しぶりの純日本テイスト、木版刷の紙モノが入荷しました。
1点目は「掛紙見本」。一般的な掛紙の二分の一程度(12.5×19cmほど)とかなり小さいサイズで、薯蕷饅頭2つ入れた箱、つまり慶事用の紅白饅頭の箱にかけてちょうど良さそうなサイズ
入荷したのは綴じた形跡もないバラが100枚ちょうどと、現物48点を貼り込んだ見本帖1冊で、バラの方には小店店主の好物、亜米利加饅頭と仏蘭西饅頭で知られる「菓子匠 梅花亭」といった店名入りのもちらほら。 

和菓子2つ入りというと慶事ばかりでなく弔事にもつかわれたものですが、今回入荷した100枚+1冊は全て慶事用。用いられている絵柄の種類・性格と使われている色の明るさ、そして例えば「手習子」「汐汲」「吉原雀」「連獅子」「保名」など、日本舞踊・歌舞伎舞踊の演目名が多く刷り込まれていることから、発表会やお披露目など晴れの舞台に来て下さった方への返礼品用と見られます。
一見、戦前のもののように見えますが、見本帖の裏側に押された「宮本木版社」のスタンプが左から読む横組みで、電話番号の市内局番が二桁となっていることから、昭和でも戦後の、それでも1960年頃までのものと思われます。
今回、画像にとったのは全てバラの束から抜き出したもの。見本帖の方が全体に保存状態は良好。バラの方は図版と状態により値段に幅をもたせて1枚ずつ販売する予定です。
それにしても、こりだけのヴァリエーションが必要なほど、日舞関係者が居たということにちょっと驚きを覚えます。

原型をとどめていれば上製木版装の瀟洒な本になっていたはずなのですが、表紙・裏表紙の装丁紙が失われており、裸本にあたる状態。ただ、肝心の図案は並から並以上の状態が保たれていました。
京都の美術書の版元として明治時代より木版刷りの優れた図案集の版元として知られる山田芸艸堂『扇面画譜』の「前編弐」の1冊。明治33(1900)年の発行です。
巻末の「商標 美也古扇 賣扇庵  宮脇新兵衛」による跋文により、収録された26図 - もちろん全図木版多色刷 - が賣扇庵の商品「美也古扇」のデザインであることが分かります。
賣扇庵は現存する老舗の京扇子専門店。同社のサイトによれば創業は文政6(1823)年といまから約200年前。創業時の屋号を近江屋新兵衛と云い、明治20(1887)年に富岡鉄斎の命名で「宮脇賣扇庵」を屋号に、 商標を「美也古扇」に改めたとあります。
『扇面画譜』にとられた意匠は四季の自然に題材をとったものがほとんど。図柄は繊細な具象、配色は控えめと、全体にクラシックで格調高い印象を与えます。
裸本ということで、市場では綴じをほどいて1図ずつばら売りするつもりで応札。落札した後、あれこれ調べてみたものの、なかなか出てこない書籍であることが分かってきました。とすれば資料としての意味も出てくるはず。
というわけで、しばらくは原状のまま1冊での販売とさせていただきます。

■森某元オリンピック関係組織のトップが聖火ランナーはゴジラ松井にと執着していたという小話とヒトラーのアーリア人に対する執着とでは一体どの程度の開きがあるというのだろう森某がコモノでほんと良かったなと思った今週の斜め読みから。
閉会式とともに完膚なきまでに終わってしまったあれやこれや。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86163?imp=0
はじまるはずのデジタル庁もはじまる前から終わっているというお話しとかは、下のアドレスのその前に
「ジョイのボーイズクラブ|MITメディアラボ所長の辞任騒動をめぐる覚書」
というnotoの記事を検索して是非ご一読を。そしてお時間あれば↓も。
https://mobile.twitter.com/ajian1108/status/1423416275489812482?fbclid=IwAR2x-U0-Ect-zV985tw_nWC2RCYh6ToIH6-NXXzy_3ON-uaGxx3UwVjgN9M

 

 

recent catalogue C by image