#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/12/08 古裂と縞と! 江戸期から大正まで!! 「帖もの」10点一挙入荷 !!!

■あと2週間で2018年もお仕舞い。当ページの更新も、年内残るは2回となりました。例によって捗々しい成果も数えるばかり、足踏みばかりが続いた今年ですが、せめて年内、多少はまともな商品をご紹介できればと思っております。
 
縞帖と古裂の現物貼込帖が久々に入荷いたしました。
時代は江戸後期~大正時代。
これが何と、縞帖7冊と厚い古裂帖が3冊、「九島の織布」と書かれた包がひとつ、併せると高さにして30cm前後となる ひと口での出品。それだけに、逃していたら深い後悔を残しての越年となるところでした。
先週金曜日の市場で落札、昨日きっちり耳を揃えてお支払いしてきましたので、晴れて小店所有の在庫となりました。暖冬だというのに懐具合ばかりは至って寒々しい小店ですが、とりあえず「落ちて良かった。」と思わずにはいられない一口です。
 
■今週はこの一口から4点ばかりをピックアップ。
1点目の画像は古裂を貼り込んだ和綴の厚冊で、一冊は『古裂帖 享保時代から江戸期』、もう一冊は『大正時代 見本参考簿』という題されたもの。
江戸期の『古裂帖』は一部を除いて織の裂で、糊付けした布と台紙の和紙の上に一点一点割印が押されている他、多くの古裂に例えば「天保十一子」「五枚錦大菊牡丹」「北野天満宮贔屓」など、墨書が添えられています。 

僧衣のような豪勢なものから、渋い綿織物、縞目の絹布など、デザイン、質ともに豊かなヴァリエーションから成り、見ていてあきることがありません。
『見本参考簿』は、柄ゆき色彩とも驚くほど多種多様な裂からなるもので、さらに、宣伝や販売促進がすっかり定着していた大正時代のことだけあって、なかには商標や商品名、或いは軍人姿などを織り出したユニークな柄が見られるのも面白いところ。彩色した下絵、毛筆で但し書きが添えられているものもあり、見る度に発見がある1冊です。
2冊それぞれ誂え帙がついており、『古裂帖』の帙内側は茜色、『見本参考簿』は柿色と、旧蔵者のセンスとともに、いかに大切にしていたかがうかがえます。
 
画像2点目は縞帖から選抜した2冊。
『女工必要 縞軌範』は明治18年。タイトルがペンで書かれているのは、薄く残っていた鉛筆書きを上からなぞっているからです。余白を心持ち多くとった清潔感の高い縞帖です。
慶應年間の『縞手本』は反対に、隙間なく布を敷き詰めているのが特徴。この縞帖をつくった人は、どうやらはっきりそれと分かる比較的大柄な縞目を好んだようです。
 
■古裂も縞帖もまとめて入ってきた分、見る人によって好みも分かれそう。
表参道はクリスマスのイルミネーションも始まっています。
ただいま店内、1月の催事の準備でかなり取り散らかってはおりますが、ご興味の向きには現品を御覧に、小店までお出かけいただければ幸いです。 





 

18/12/01 瀧口修造によるマルセル・デュシャン追悼10部手製本! と手製本感満点の若林奮『緑の森一角獣座』他 日本のテートから

■年内残すところあとひと月となりました。この1年、ますます信じがたいスピードで過ぎゆきつつあります。1月16日にスタートする「銀座 古書の市」の目録は昨日校了、目録発送名簿も提出し、仕事はすでにほぼ来月=来年! の準備に入っています。
目録と云うのがクセもので、前回1度パスしたこともあり、今回はとくに脳みそまで汗かきながら必死で並べたつもりの商品ラインナップも、校正の段階に入って目にするとさっぱり売れる気がせず、年末のこの金詰まりの時に限って、加えて目録修正のきかない段階に入って、こっちの方が余程売れそうな気がするものが入荷するのは一体何故なんだか。
もっとも、「気がする」のと現実との間には常に乖離があるもので、厳然たる事実と云えば「出費ばかりがかさんでいる。」ということ、それだけ。やれやれ。
今週の新着品は、できれば目録の戦後美術関係のページに是非載せたかったものばかりです。
 
20世紀美術の巨星のひとり マルセル・デュシャン。今週の1点目は、東京国立博物館で開催されている展覧会でも話題のデュシャンに関係するものです。
マルセル・デュシャンの死をうけて、親交の深かった瀧口修造が手ずから作成した限定10部の手製冊子『A Swift Requiem : Marcel Duchamp 1887-1968』がそれ。 

デュシャン死去直後の『美術手帖』1968年12月号に瀧口が寄稿した追悼「急速な鎮魂曲 マルセル・デュシャンの死」を抜き出して(抜き刷りか?)、二つ折りの和紙に綴じ込み、デスノスの詩の引用、コロフォンその他をタイプ打ちしてあります。限定版の記番は「2/10」。「/10」の部分はタイプ打ち、「2」はグリーンのペンで書き込まれています。
お分かりの通り、この手製本、いまからちょうど半世紀前に、たった10冊だけつくられたもの。瀧口からマン・レイやジャスパー・ジョーンズ等、デュシャンと瀧口両者にゆかりの著名人にだけ、そっと贈られたものらしい。それが何故、1冊ポツリと市場に出てきたのか、旧蔵者は誰なのか、何も分からないまま、と云うかそもそも初見ですから「こんなものがあったのか!」と驚き、さらに薄いし、表紙はゼロックスを貼っただけだし、これほど小店店主の最も好むところのものはなく、その勢いで落札しちゃったようなものです。すみません。
わずか14Pの冊子ですが、瀧口は美術手帖への寄稿とこの手製本とにいくつもの構成要素を盛り込んでおり、そのあたりのことについては、市井にあって瀧口研究でその名を知られる土淵信彦氏が詳細に分析した記録がありますので、是非とも下記のサイトでご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/53186660.html
また瀧口の『美術手帖』寄稿に関する詳細な検討も、このひとつ前の投稿に書かれておられますので併せて是非に。
http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/2015-10-13.html
これさえお読みいただければ、小店から付言できるようなことはひとつもありません。もし云えることがあるとするならば、デュシャンの死にあたり、その悲しみを伝えたい人に向けて、僅かに10冊の冊子を作った、その行為に打たれます。質素で洗練されたこの冊子のもつ静けさの底には、怜悧な悲しみとでも云うようなものが沈められているように思えてなりません。美しい本です。
 

■こちらもまた「薄い」、そして表紙ばかりか本文も「ゼロックス」と云う小店店主のツボを突いた冊子。何よりかねてより耳にしてはいたものの、そのイメージがいまひとつ像を結んでいなかった若林奮の『緑の森の一角獣座 1996』です。表紙は色紙で題箋を貼込み、本文は上質紙にコピーまたは軽印刷したもので、二つ折りにして綴じただけの手製感満点の冊子。 
「緑の森の一角獣座」と云うのは、東京・日の出町のゴミ処分場建築に反対するトラスト運動に参加した若林が、「トラスト運動の土地を作品として制作」することで処分場建設を阻止しようとしたもので、“「芸術の著作権」を盾に戦った日本では珍しい例”(参照: http://artscape.jp/report/review/10114906_1735.html)
当冊子では、進行中の第一期だけでなく、「周囲の破壊が進んだ場合に、この土地を木々の描かれた36枚の銅板で囲む」第二期のプランが、若林のドローイングによって示されています。
この活動については記録集なども刊行されていますが、当冊子についてはあまり知られていないようで、冊子のつくりから見ても、そうたくさんはつくられなかったのではないかと思います。
 
もう1点。群馬県渋川市の主催で開催されていた「渋川現代彫刻トリエンナーレ '87」の作品図録。鉄板に穴をあけ、図録にあたる未綴じの印刷物をサンドイッチしてビスでとめた、オブジェのような本。先の2点とは対照的ですが、このオブジェ感にひかれての落札でした。
87年の展覧会には、高山登、戸谷成雄、遠藤利克、高木修、西雅秋などが参加。
図録のこの物質感は展覧会に合わせてのものだと思いますが、いま見ると実に1980年代的な1冊? です。
同じく鉄板で挟んだ 90年の図録との2冊の入荷です。
 
■今週はこの他、杉浦非水デザインの戦前のタバコポスター4点月刊ライカ15冊などが1日中に店に入ります。
 
 

18/11/24 お茶と蔵書票…???

■今週は月曜日にするはずだった更新をすっぽかし、火曜日はお知らせもしないまま臨時休業するなど、お約束を悉く反故にするなど、商人の風上にも置けぬ行状に、お詫びの言葉もない次第、どうかご海容を賜りますようお願い申し上げます。
その分はこの3連休に取り戻すべく、市場にだけは勤勉に通ってみるも、素寒貧の古本屋には結果がついてくるわけもなく、全体的に凡庸な新着品が多くなりましたが、ご案内は今週もできるだけそう簡単には手に入りそうにないものから。本当は右から左に売れるものが理想。
 
先ずは日本茶の茶葉の販売用の紙袋96点 (極僅かですが上新粉・餡などの袋が混じります) を糊貼りしたアルバム1冊。印刷の調子、色味、紙質などから見て、概ね昭和初期のものではないかと思います。
他に江戸末~明治初期のものと見られる和紙に木版刷の袋類が挟まれているお陰で、およそ半世紀隔たった製紙・印刷技術の進展と普及ぶりが見てとれます。
アルバムの表紙に貼り込まれた洒落た商標 - お盆と茶壷を手の上に載せている図 - は宇治のものですが、集められていのは信州長野・上田近辺のもの。
デザインを細かく見ていくと、ほとんど同じフォーマットを使用しつつ、茶葉の階級によって店名・商品名・謳い文句などの入れ方を変えることで、高級感を出したり、印刷コストを抑えたりしていた様子がうかがえます。
商標の意匠はほとんどが格調高い和風デザインですが、中にアール・デコ調のものも数点見られ、この辺りも年代特定のヒントとなりそうです。 

残念ながら、旧蔵者を特定できるような手掛かりがないため、日本茶小売り業者か印刷業者か、はたまた日本茶愛好家か、旧蔵者については想像するにとどまりますが、いまもって和風デザインのための参考資料としてはなかなか優秀な出来栄えだと思います。
 
■昭和の初め、日本で蔵書票愛好者のための組織を立ち上げた小塚省治。小店がこの人がもっていたヨーロッパの蔵書票を市場で落札したのはかれこれ3年前のこと。小塚省治につながる商品の入荷は、今回でようやく2度目となりました。
昭和4(1929)年に日本蔵書票協会を立ち上げたとされる小塚が昭和8(1933)年に刊行し始めた『日本蔵書票協会 第一蔵票集』と、昭和12年刊行の『日本蔵書票協会 第五蔵票集』が入荷しました。
『第五集』の巻末に貼り込まれた小塚による「第五蔵票集出版」(孔版刷1枚)によれば、当誌は蔵書票現物の貼付も製本も小塚の手作業による手製の冊子。『第一蔵票集』はそれでも限定200部を出していて、今回入荷したのはこのうちの特装第一番『第五蔵票集』は限定70部内会員本特装20部のNo.10。号を重ねて部数が減っているのは当時の日本における蔵書票趣味の限界を示すものなのか、或いは支那事変勃発等『五集』発行当時のご時世を反映したものか、二~四集の経過を確認する必要がありそうです。
『第一集』は56点、『第五集』は39点内38点(1点欠)のオリジナル版画による蔵書票を所収。発注者には川崎巨泉、根津嘉子等、版画には徳力富吉郎、川上澄夫など。全体に現在人気を集めているエロティックなものはほとんど見られず、むしろ素朴なデザインが多いなか、『第五集』には「特別作品」として木版で刷られた矢野橋村の作品1葉も収められるなど、洋の東西を超え、優れたもの・新しいものを嗅ぎとることのできた小塚の脂質が反映されているようにも思われます。
紙質のせいか、辛うじて冊子の体裁をとどめているような状態ですが、発行部数や経過した年月を思えばいま残っていること自体が大変珍しい同好会誌です。
 
万博が大阪に決定!? オリンピックも万博も原発も、成熟し、時代を前進させていこうという国家・市民からすれば20世紀のうちにとっくに終わったものばかり。よくもまあここまで揃って日本に残ることよと感心しきりであります。それにしても万博って。そんなお金、どこにあるんだ? 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...